危ない通販、医薬品は病院で貰おう

医薬品に関しては、医療用医薬品と一般医薬品の2種類があります。
医療用医薬品とは、病院やクリニックなどで医師が診療をした上で、患者の症状や体質などに合わせて処方される薬のことです。
患者によっては複数の医薬品を組み合わせて服用することによって症状の改善が見込まれることも多いですが、薬の組み合わせについては、副作用などの危険などもあるため、専門的な知識や慎重な判断が必要になります。

一般医薬品とは市販されている薬のことで、副作用や飲み合わせ、服用方法などに注意が必要なものに応じて3種類に分類されています。
一番注意が必要な薬は第一類とされ、購入に際しては薬局やドラッグストアで薬剤師による説明が必要とされていましたが、現在では医薬品のネット販売が実質解禁されている状況なので、どの分類のものでもネットで購入ができるようになりました。

ネット販売が解禁されたことによって医薬品通販は急激に増加しました。
また、海外製の医薬品も通販で購入することが可能なため、従来のように処方が必要な医薬品は病院に行かなくても手に入れることが可能になっています。

しかしながら、医薬品通販サイトがすべて優良サイトとは限りません。
中には、危ない通販サイトもあるので注意が必要です。

危ない通販サイトとは、本物の医薬品を販売しているように見せかけて、成分が全く異なる偽物を販売していたりするようなサイトのことです。
薬の成分に関しては見た目ではわからないことも多いため、パッケージなどが本物同様に作られていればだまされてしまい、時には服用してから重大な健康被害が出てしまう危険もあります。

このように、医薬品 通販に関しては危険も多いので、やはり医薬品は病院で処方してもらうことが一番安全と考えられています。